10年プロペシアを飲み続けた場合

ハゲと呼ばれることにうんざりしていたAGAの人にも、強い味方が近年誕生しました。
プロペシアと呼ばれる、育毛を助ける経口系AGA治療の医薬品が誕生しました。
この、プロペシアが誕生したことによって、ハゲという言葉に傷つくこともなくなった方も、多いのではないでしょうか? プロペシアの育毛の効果や作用をもう、いろんなところでご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、プロペシアはご存知の通り、服用したからといってすぐに効果が作用するわけではありません。1年、2年と服用を続けていくうちに、
初めてプロペシアの効果が目に見えてくるわけです。即効性を求める方には、プロペシアは多少、効果の出方にイライラさせられるかもしれませんが、このイライラストレスは育毛の
妨げにもなってしまいます。このイライラを乗り越えて、10年間プロペシアを服用しつづけた、プロペシアユーザーの声を簡単にまとめてみました。

プロペシア10年目のプロペシアユーザー
:もう、フサフサです。10年前のハゲで悩んでいた自分が嘘のようです。プロペシアを開始した直後は、なかなか効果が出ずやめてしまおうかとも思いました。しかし、プロペシア購入時にすでにプロペシアは今日、明日でハゲに効果があるわけではないと知っていたので、つづけてみることにしました。幸い私の場合は副作用なく過ごしました。最初の数日は、ぼーっとすることもありましたが、そのあとは、ないもなかったです。しかも、プロペシアは
育毛効果だけでなく、抜け毛もなくなってきました。前は、先発するたびに抜け落ちていた毛が、今ではたまに見かけるくらいになりました。この10年以内に知り合った方が、私の昔のハゲ時代の写真をみたら驚くのではないでしょうか?今では、自分がハゲだったことすら忘れています。プロペシアは続けて服用しています。せっかく蘇った髪がなくなっていくのは嫌なので。

プロペシアユーザー、いいことばかりではないようです。次を見てみましょう。

:プロペシアを服用して10年以上が経ちますが、育毛の効果というよりは、ハゲの進行が遅くなったといった方が、妥当だと思います。ただ、私の場合は子作を途中で始めたので、プロペシアの服用を一旦中止しなければなりませんでした。しかしながら、あのままプロペシアの服用を中断していたら、今の自分は違った見かけになってたかもしれませんね。笑。

お二人のプロペシアユーザーの方の、体験を記述してみました。いかがでしたか?
二番目の方のように、子作りを希望される方はプロペシアを一旦中断しなくてはなりません。しかし、一番最初に述べた方のように、自身がハゲていたことを忘れてしまうくらいフサフサになった方もいらっしゃいます。プロペシアは医薬品でもありますが、人それぞれ体の仕組みが違うように、効果の出方も違ってきます。